おかだ引越センターの引越お役立ち情報

おかだ引越しセンター 0120-55-2121 単身の方お見積り ご家族の方お見積り
引越お役立ち情報
1.段ボール

段ボールの組み立て方

  • イメージ写真箱の底はガムテープで固定します。
    特に重くなるもの(食器・本等)を入れる場合は十字に固定します。
    箱の底やフタは、交互に組ませたりすると形が歪みやすくなり
    底が抜けやすくなりますので避けてください。

段ボールの詰め方

  • イメージ写真段ボール箱は重ねて運搬しますので、茶碗・コップ類のこわれ物は
    ふたが盛り上がらないように詰めてください。
    また、箱の上部に隙間があっても箱の強度が低下します。
    無理なく、隙間なくが基本です。
    荷物は本のように重いものは小さな箱に、衣類のように軽いものは大きな箱に入れます。
    ダンボールは搬入場所(台所・和室など)を見やすいところに書いておくと便利です。
2.台所用品

お皿の包み方

  • イメージ写真お皿は、クレープ紙などで1個1個くるみ、箱詰めの際には隙間に新聞紙を丸めて詰め、固定してください。

包丁やナイフ・フォークなどの包み方

  • イメージ写真包丁は刃の部分に厚紙を当てて固定し、刃を下向きにして箱詰めします。
    フォークやナイフは緩衝材でまとめて包み、ビニール袋に入れておくとあとで整理するときにラクです。

中身の入っているびん類

  • イメージ写真中身の入っているものは、ふたを必ずしっかり閉め、
    1本ずつ新聞紙で巻いて、段ボール箱に立てて詰めます。
    ビンが見えるよう、箱のふたはしないほうが安心です。
    箱のなかは動かないように、隙間に新聞紙など丸紙を詰め固定します。

冷蔵庫の中身

  • イメージ写真お引越し日程に合わせて食料品の買い方を工夫したり、
    食料品・生もの・調味料など使いきれるようにし、
    前日までに中身を空にして、電源を抜いておいてください。
    引越し先に設置後、2~3時間たってから電源を入れてください。

大型家具はスタッフにお任せ

  • イメージ写真棚板を止めているビスなどは紛失しがちなので、小袋等に
    まとめて保管することをおすすめします。小袋は食器棚の内部にガムテープ
    などで貼り付けるとベストですが、はがす際塗装がはげる可能性がありますので
    塗装のない部分か、ガラス部分の内側に貼り付けると良いでしょう。
    ガラス扉つきのものも安全に梱包いたしますのでスタッフにお任せください。
3.衣類

衣類ダンスの中身

  • イメージ写真タンス類の引き出しの中身は一部(シャツ・セーター類)を除いて箱詰めをお願い致します。
    この際、割れ物を一緒に詰めないでください。タンスの中身は引き出しごとに分けると便利です。
    押入れ用の収納ケースは中身が衣類だけならそのままで大丈夫です。
  • 和服はたとう紙に包み、専用の箱に入れます(オプション)
  • 洋服ダンスのハンガーにかかっている衣類は、お引越し当日
    ハンガーボックスに移し替えて運搬しますので、そのままの状態で大丈夫です。
4.インテリア・家具

人形ケースの包み方

  • イメージ写真人形が動かないよう、中に丸めたやわらかい紙を詰め、ヒモをかけておいてください。
    新聞紙はインクうつりの恐れがありますので、なるべく避けたほうが無難です
    どうしても新聞紙しかない場合は、人形や飾り部分にビニールがけした上で詰めると安心です。

家電製品

  • イメージ写真TV・オーディオ類については、引越し当日の朝までに各配線を外しておいてください。
    電子レンジの中皿や、冷蔵庫の氷水皿は前日までに抜いておきます。
    各製品本体は当日、係員がエアキャップ包装いたします。
    パソコンは必ずデータをバックアップして下さい。
注意!石油ストーブと可燃物

石油ストーブ

  • イメージ写真石油ストーブのカートリッジは空にし、必ず空焚きを行なってください。
    電池も安全のために必ず抜いておいてください。
    (運搬中に発火する恐れもございます)

火器・その他危険物

  • イメージ写真マッチ、ライター、ガスボンベ、スプレー類は充分ご注意の上梱包してください。
    箱の上面には大きく分かりやすく「火器」もしくは「危険物」と表記してください。